読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEE YOU IN TOKYO

音楽

www.youtube.com

 

リオ オリンピックが現地時間8月21日(日本時間22日)に閉幕し、閉会式が行われた。終盤では、次回開催都市である東京にオリンピック旗パラリンピック旗を引き継ぐフラッグハンドオーバーセレモニーが開催された。セレモニー終了後には東京五輪を紹介する8分間のプレゼンテーションが実施され、椎名林檎らが芸術パートをプロデュースした。

 

話題となっているこの芸術パートは椎名林檎をはじめ、クリエーティブディレクターの佐々木宏や菅野薫、振り付け師のMIKIKOの4名が中心となり企画されたものらしいです。

 

椎名林檎を除く3人はみんなPerfumeに何かしら関わっている方達なんですが、何でここに椎名林檎?ってな疑問は置いといて単純に素晴らしいパフォーマンスでした。

 

日本のクリエイティブを見せつけられましたね。

 

MIKIKO先生を見たのはPerfumeのドキュメンタリー(東京ドームのやつ)以来でしたが、彼女は相変わらず素晴らしい仕事をしますね。最近ではBABYMETALの振り付けもされてるとか…もう僕らの知ってるMIKIKO先生ではない!

 

夏先生みたいな顔になってたもん…

Perfumeちゃん達と和気あいあいしてこちらを和ませてくれたMIKIKO先生はもう…

 

まあそんなことも置いといて

 

世界が注目したのはそんな日本クリエイティブアベンジャーズのパフォーマンスではなくて、その前のアニメーションと、安倍晋三内閣総理大臣がマリオに扮しドカンから登場するシーンでしたね。

 

世界が求めているもの、世界がイメージする”JAPAN”があの映像に詰まっています。世界から見れば、

 

日本=テンプル!アニメ!マイコ!

 

なんですよね。。。

 

キャプテン翼ドラえもんやマリオ

ポケモンが登場しなかったのは2020への布石でしょう)

 

青い猫型のロボット的な物体がお腹から緑のドカンを出して、赤い帽子のおっさんがそれに飛び込んで世界が湧く。

 

こんなことあります!?!?

 

世界がイメージする”JAPAN”と

日本がイメージする”日本”との

ギャップを痛感させられた気がしました。

 

日本が誇るクリエイティブアベンジャーズ

が創造したパフォーマンス

マリオ、ドラえもんに勝てません。

 

その事を日本は知る必要がありますね。

世界は知っています、というより世界はそれしか知りません。

日本はそれをイマイチ理解していないのかな?と思います。

 

マツコ・デラックス(我が家の代弁者)も「5時に夢中!」で言ってました。

 

所詮は映像でしよ?

 

その通りです。

 

パフォーマンスで湧かせたいですよね。

 

世界から見れば今回のパフォーマンスでの印象は、マリオ!アベ!ドラえもん!でしょう。

 

悲しいかな、NIPPON

 

2020では島国の力を魅せてやりましょう!

 

華麗なる逆襲を期待して。